日本新燃岳火山噴發

新燃岳
新燃岳是日本九州島南部的一座活火山,位於霧島山脈的中部,處於鹿兒島縣霧島市和宮崎縣小林市的交界。海拔1421米。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%87%83%E5%B2%B3

九州火山噴發 地方請求中央救援
日本、九州地區的【新燃岳】火山爆發,災情繼續在〔擴大〕當中。地方政府,面對到當地來勘災的中央部會首長,當面要求,應該要來宣布、當地是〔重災區〕,趕緊來啟動、緊急的援助和補償。

開著車子進入宮崎縣和鹿兒島縣交界的山區,只見火山灰依舊飄浮在空中,山區道路能見度相當差。日本國土交通大臣大田章宏,29號到災區視察,地方政府首長當面大吐苦水。

宮崎縣高原町町長 日高光浩:我們才要從去年的口蹄疫疫情當中恢復過來,之後又有宮崎縣的禽流感。接下來馬上又是新燃岳火山52年來首度噴發。我們面臨了三連發的大災難。

鏡頭轉到鄰近的都城市,空氣中飄浮的火山灰看來減少了一些,但是地上、車身上,卻也積了一層厚厚的火山灰。
汽車經銷商員工:空氣中沒有火山灰是還好啦,但是這些清理起來很費事,車身上積的火山灰很難弄掉。

根據日本NHK電視台的報導,宮崎縣目前已經有15個鄉鎮市受到火山灰的影響,造成農作物的損害。包括波菜、白蘿蔔、豌豆還有養牛用的牧草,不少田地被火山灰掩埋,受害總面積超過13000公頃,損失金額約新台幣1600萬元,並且持續增加當中。

災區的鄉鎮市首長,紛紛向前來視察的中央部會提出要求,希望能儘快宣布當地為重災區,啟動緊急援助和補償。 記者徐家仁報導
http://web.pts.org.tw/php/news/pts_news/detail.php?NEENO=169897


新燃岳火山噴發 火山灰肆虐
民視 (2011-01-30 14:55)

日本的新燃岳火山自從26日噴發後,大量的火山灰不斷冒出,由於這兩天當地風勢強勁,火山灰飄散的面積又更廣了,對民眾生活造成重大影響。專家指出,新燃岳火山的噴發,恐怕有長期化的趨勢。濃煙不斷的從新燃岳的火山口冒出,在強勁風勢的帶動下,火山灰持續往外擴散。新燃岳山腳下的高原町,終日煙霧瀰漫,一片灰濛濛。就連距離新燃岳有段距離的都城,也難逃火山灰的浩劫,大量的火山灰從天而降,民眾怎麼掃也掃不完。

火山灰對居民生活的影響與日俱增。洗好的衣服根本不能晒在屋外,客廳成了臨時的晒衣場所。自助洗衣店則是生意興隆,想要烘衣服,根本沒有空的機器。

火山灰對民眾生活造成的不便,何時才能趨緩?專家給了一個不太好的答案,火山的噴發恐怕有長期化之虞。中田教授表示,除了要提防火山噴發的長期化,還要嚴防土石流的發生。看來,附近的居民得要做好和火山灰長期抗戰的心理準備了。(民視新聞 黃文玲綜合報導)
http://news.sina.com.tw/article/20110130/4159143.html


火山灰降り続き、住民生活混乱 霧島連山・新燃岳噴火

鹿児島、宮崎県境の霧島連山・新燃岳は29日も小規模な噴火活動を続けた。爆発的噴火はなく小康状態だったが、火口では赤熱マグマが噴煙や雲に映る火映現象が確認された。火山灰も宮崎県都城市などに降り続け、住民生活の混乱は続いた。

気象庁によると、28日午後11時-29日午前3時に火映現象が遠望カメラで見え、山体が収縮する地殻変動を観測。火口内で噴石を伴う小規模な噴火が続いていることを示した。火映現象は29日夜も確認された。

噴煙は火口上空500メートルで雲に入った状態が続いた。鹿児島地方気象台によると、30日午前9時の新燃岳上空約1500メートルは北西に風速18メートルの強い風が吹く予報で、引き続き都城市などで灰が降る。29日の宮崎空港では78便中18便が欠航。30日も朝の便を中心に欠航する予定。宮崎自動車道の一部区間や一般道でも通行止めが続いた。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/223900


新燃岳 2日ぶりに爆発的噴火

鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳では、30日午後2時前、2日ぶりに爆発的な噴火が起きました。30日の新燃岳は雲がかかっていて、噴煙の高さなどは確認できませんが、気象台は噴石や火山灰に注意するよう呼びかけています。

新燃岳は、今月26日以降、活発な火山活動が続いていて、30日午後2時前に、震幅の大きな火山性の地震を伴う爆発的な噴火がありました。鹿児島地方気象台によりますと、新燃岳周辺は雲がかかっているため、噴煙の高さは確認できないものの、山腹では噴火に伴う空気の振動「空振」と呼ばれる現象が観測されました。新燃岳では今月27日と28日にも爆発的な噴火があり、今回の爆発的噴火は2日ぶり、3回目です。気象庁は、引き続き、火口からおよそ2キロの範囲では噴石が飛ぶおそれがあるとして立ち入らないよう呼びかけています。また、新燃岳の上空は30日も北西の強い風が吹き、火山灰は山の南東側の宮崎県都城市などで降っています。気象台は、強い風や爆発的な噴火に伴って広い範囲で火山灰が降るおそれがあるとして、小さな噴石や火山灰に注意するよう呼びかけています。
http://www.nhk.or.jp/news/html/20110130/t10013729941000.html



衝撃 新燃岳噴火 mount kirishima volcano



霧島連山・新燃岳で小規模噴火 鹿児島、宮崎県境(11/01/26)



新燃岳 噴火 噴火警戒レベル3 2011.1.26 HD


ダイジェスト 新燃岳噴火 火山雷 2011.1.26

0 回應: